iPhoneSEは格安スマホに匹敵する価格に!

iphone2iPhoneSEの存在感について、です。

iPhone7が発売になり、まだ品薄が続いています。

しかし、iPhoneの新機種はいつも高額、ドコモ等のキャリアの割引もどんどん少なくなってきています。

そこで、格安スマホに向かうのか…という前に、SIMフリーのiPhoneSEについて、再注目してみましょう。

意外と、格安な水準で利用ができますよ。

iPhoneSEの性能おさらい

iPhoneSEは、apple最後?の小型スマホになるかもしれません。

サイズ的にはiPhone5Sと同等のものを引き継ぎながら、中身の性能はA9チップを搭載し、iPhone6Sと同水準。

性能が犠牲にされがちなコンパクトモデルの中にあって、最強ともいえる性能を誇っています。

残念ながら、iPhone7に搭載されている最新のA10とまではいきませんが、価格差も考えると納得ではないでしょうか。

iPhoneSEの価格:2016年9月の値下げ反映

iPhoneSEは、発売後2回の値下げが実施されました。

税別の価格ではありますが、5万円を切るものになっています。

  • 16GB:44,800円
  • 64GB:49,800円

この程度の価格差であれば、64GBを購入するのがコスパが高そうです。

ちなみにiPhone7の価格はというと、

  • 32GB:72,800円
  • 128GB:83,800円
  • 256GB:94,800円

きれいに比較はできませんが、随分と高級品に感じてしまいます。

SIMフリーiPhoneとMVNOで格安運用

SIMフリーのiPhoneSEであれば、格安スマホ並みの運用ができます。

コスパで有名なandroidスマホ、Zenfoneシリーズでも約30,000円が基準ライン。

そこから比べると若干お高めですが、24か月利用で平均してみましょう。

約5万円のiPhoneSEは、おおよそ月額2,000円。

約3万円のZenfoneで、おおよそ月額1,200円。

月額にすると800円の差分ですね。

これに加えて、回線選びです。ドコモ等の大手キャリアであれば、月額が1万円に達することも少なくない中、格安スマホ(MVNO)であれば1,000円せずに利用できます。

こういった、大きな方向性を決めるのが大切ですね。

回線としてのMVNOを選べば、どうやら機種代金はiPhoneSEとandroid高コスパ機種では誤差の範囲となりそうです。

これを機会に、格安スマホに匹敵する価格のiPhoneSEを検討してみてはいかがでしょうか。

こちらもどうぞ

関連エントリー

ページトップへ戻る