デザイン一新?XperiaXPerformanceとZ5の違い

gallery_img_23

ドコモ、au、ソフトバンク3社から販売予定のXperiaの新作、Xperia X Performanceです。
Xシリーズの名になって、Zからの一新とのことですが、やはり過去のXperiaらしさは継承したモデルですね。
写真はライムゴールド、上品な美しさのモデルとなっています。

参考:http://www.sonymobile.co.jp/xperia/docomo/so-04h/gallery.html

Xperia X Performanceの外観

いわゆるプラスチックの外観でも、アルミの削りだしでも、ガラス一枚でもありません。
マットな仕上げにした、すりガラスのイメージが比較的近いでしょうか。

XperiaZ5の背面パネルを想像していただくのが一番わかりやすいかと思います。
Z4まで、XperiaZシリーズの伝統だったガラスの一枚板・・・つるつるしたガラスの手触りがあったかと。
それをなくして、マットなすりガラスに仕立ててあります。

指紋が目立たず、べたべたしない…というのが主要な特徴ですね。
好みは別れるところかと思いますが、個人的には定期的に拭き掃除をするメンテナンスがある前提で、つるつるのガラスモデルが好みです。
しかし、iPhoneのガラスパネルも同様でしたが、結構落としてしまったりして、ひび割れが気になるような人には大きくいい変化になりますね。

Xperia Aを思わせる丸みとZ5からの指紋認証

全体の雰囲気としては、固く四角いZシリーズから、若干の丸みをおびて優しいデザインになったといえるのではないでしょうか。
実際に手に持った感想としては、なんとなく雰囲気がドコモのツートップ、XperiaAにちょっと似ているな、と。
背面がガラスではなくマットな質感だった、というところも併せての印象です。

一方で、XperiaZシリーズから継承したものは、前のモデルであるZ5から搭載された、電源ボタンの指紋認証
ボタンの形と同時に変わっているので、これがポイントですね。

XperiaZ5からモデルチェンジすればよかったのでは?

細かい話ですが、フルモデルチェンジというにはあまり目立った変化がないのが正直なところ。
デザイントーンが一部変わってはいるのですが、ボタンの形は前述の通りZ5で大きく変わっていたので、本来だったらそこもあわせてZ5からXシリーズに変える…という打ち出し方をしてもよかったのでは。

もちろん、会社としての諸事情もあったのでしょうから、どうこう言える話ではありませんが、名前が変わった割には若干の物足りなさを覚えてしまいます。

スペック重視ならXperia Z5がオススメ、かわいさが欲しければPerformance

さらに、Z5と比較してみると、一部機能はスペックダウンしているのも大きなポイント。
どちらかというと、日本で販売されているXperia X Performanceは、ミッドレンジやや高め(中の上)といった性格が強いので、、、

しかも、いま家電量販店に訪れての前モデルとの比較、それが分かってかXperiaZ4と比較されていますね。

なので、最新=最高スペック、と安易に飛びつくのではなく、きちんと比較をしていくのが大切ですね。

関連記事

関連エントリー

ページトップへ戻る