通話のできる7インチタブレット:Zenpad7.0

s_zenpad

ASUSより、最近は珍しくなってきた「通話のできる」7インチ小型タブレットの発売です。
Memopadから名前も一新し、スマホのZenfoneにあわせたZenpadシリーズ。
12/25より発売中です。

Zenpad7.0の特徴

ハンドバッグのような上品デザインZenpad

Zenpadがmemopadからも引き継いでいる、他のタブレットにない特徴が、この小型ハンドバッグを模したような上質デザイン
タブレット、ガジェット系は男性的なものが多い中で、女性がバッグから出してカッコいい・洗練された様子を演出できるタブレットです。
特にシャンパンゴールドは質感がよく、持っておくこと・見ることが楽しくなります。

通話ができるZenpad7.0

今回のタブレット、夏前にZenpad7.0そのものは発売されています。
その中で、通話機能を持たせてのアップデート販売ですね。
スマホ・タブレットが出始めた当初は、こんな大きい画面で通話をするなんて笑い話でしかありませんでしたが…
現実には、LINE等のメッセージアプリの普及に伴って、通話をすること自体が減ってきていますよね。
緊急時にしか通話はしない、と割り切ってしまえば、電話番号は確保しておいてZenpad7.0でイヤホンマイクをつかった緊急通話…という使い方もいいかな、とおもえるように時代は変わってきました。

Zenpad7.0の価格と発売日

Zenpad7.0の発売日

12/25のクリスマス発売です。
とはいえ、ASUSの公式オンラインショップでは入荷が1月下旬となっており、かなり評判が良かったことが伺えます。
すぐに購入したい方には、まだ在庫があるamazonもオススメです。

Zenpad7.0の価格

Zenpad7.0は税別価格で24,800円と、ミッドレンジの端末ではありますが、お求めやすい価格になっています。
このくらいの価格であれば、NEXUS7や初代iPadmini…小型タブレットが出始めた価格帯に近くて、気軽に買える価格帯になりますね。
最近はスマホも大型化しているので、あまり通話をしない、緊急対応のみ…ということで割り切れば、バッグに入れてこのタブレットに一本化するのもありかもしれません。
その場合は、イヤホンマイクが必須になりますのでご注意を。

せっかくのSIMフリースマホなので、カケホーダイも不要ということであれば各種MVNOでSIMを購入してさしておくのもアリですね。

関連記事

関連エントリー

ページトップへ戻る