ドコモのタフネススマホ:GalaxyActiveNeo

activeneo-kv0

昨年夏にでた、ドコモのタフネスモデルGalaxyActive。
2016年冬モデルでは、その後継機も販売となりました。その名もGalaxyActiveNeo。
Galaxyの名の通り、Samsung製のスマホとなっています。

参考:http://www.samsung.com/jp/product/galaxyactiveneo/

GalaxyActiveNeoの特徴

GalaxyActiveNeoはミッドレンジのタフネススマホ

ドコモの2016年冬春モデル、唯一のサムスン製スマホがこのGalaxyActiveNeo。
今までは、GalaxySシリーズであったり、edge、Noteとバリエーション豊富なハイスペック機を送り込んできたサムスンですが、ちょっと路線が変わりました。
スマホに対しての潮目が変わった可能性さえも伺える方向転換です。

日本市場ではハイスペックを売りにしてきたサムスンとは思えないような、ミッドレンジ…むしろ性能は低めに抑えたもの。
特徴としてはタフネススマホということで、MIL規格に準拠(米国の軍隊で利用される、強度の規定)した非常に頑丈・頑健なスマホとして仕上がっています。

国内版としては初の仕様

前回のGalaxyActiveは、日本国内でも発売されているGalaxyS4と同等のスペックのものでした。
というか、S4をベースにタフネススマホに外側を変えたものですね。
なので、前のモデルではありますが、十分にハイスペックスマホ。

しかし、今回はGalaxyS6ベース…というわけではありません。
完全に、海外版(グローバル版)のミッドレンジ端末、Xcoverという端末をベースにしてあります。
なので、正直なところ、中身としては日本の国内スマホに慣れてきた人たちにとってはちょっと不満が残るくらいの仕様になります。

GalaxyActiveNeoの性能表

ミッドレンジ…2世代前??くらいにおもえるような仕様ですね。
解像度が480×800というのは、同時発売のドコモの機種のどれと比べてもグッと劣る仕様です。
他の機種も、全体にヘキサコア以上なのにいまだクアッドコアというのもちょっと物足りないところ。

  Galaxy Active
Neo
OS Android 5.1
ディスプレイサイズ 約4.5インチ
解像度 480×800
CPU クアッドコア
(1.2GHz)
RAM 2GB
バッテリー容量 2200mAh
重さ(g) 154

GalaxyActiveNeoの価格と発売日

GalaxyActiveNeoとドコモの戦略

ドコモのスマホは割と戦略機種を設定するものですが…
この機種は非常に難しいですね。
タフネススマホという観点から見ると、これしか選択肢がないのはよくわかるのですが、実際のところ、結構物足りない端末なので…
しかも、ミッドレンジだからといって安いかというとそうではなく、月々サポートの金額で調整されるというのも厄介なところです。
よっぽどタフネスがほしい、ドコモがいい…という人でなければオススメできない機種になりますね。

GalaxyActiveNeoの発売日と価格

発売日は11月上旬とのことですが、ドコモのオンラインショップでもまだ発表となっておりません。
価格と発売日が分かり次第、別途追記いたします。

関連記事

関連エントリー

ページトップへ戻る