iPhone6Sの3Dtouchの使い方:アプリのお作法

3dtouch

iPhone6Sの発売から約1か月がたちました。
目新しい機能としては、押し込む動作ができる感圧タッチ、「3Dtouch」の機能です。
実際に体験してみての感想ですが、どのように使っていくのでしょうか。
参考:http://www.apple.com/jp/iphone-6s/3d-touch/

iPhone6Sと3Dタッチ

ポイントはPeekとPop

3Dタッチは、そもそもどういった機能なのでしょうか?
まず、通常のタッチをおさらいしてみましょう。

スマホの画面に対しては、軽く触れるだけで反応します。
これが、「静電式タッチ」であり、皮膚の微弱な電流に反応して動作します。

対して、昔のカーナビ等では、ツメで押し込むような動作をします。
これが感圧式タッチです。

3Dタッチは、この2つを合わせた機能が搭載されたイメージを持ってください。
3Dタッチの主要な機能は2つに分けられます。

  • 軽く押しこんでプレビューをする「Peek機能」
  • さらに押し込んで詳細をみる「Pop機能」

それぞれ詳細を見ていきましょう。

iPhone6SとPeek機能

Peek機能は、内容を開くことがなく確認できるプレビュー機能です。
たとえば、メールの一覧があるとき。
タイトルだけでは内容が判別できず、もう少し詳しく読みたいな…ということもありますよね。
その時に、軽く押し込めば「Peek機能」が利用できます。

メールの本文を開くのではなく、プレビューで最初の部分を読むことができます。
この機能を使って、アタリをつけながらどんどん探していきます
お目当てのものが見つかって、全文を読もうとしたら、次の「Pop機能」に移ります。

iPhone6SとPop機能

先ほどのメールの例の続きで行きましょう。
プレビューをして、これだ!!というメールが見つかった場合。
プレビューから戻る必要はありません。
指先に力をもう少し込めたら、それが「Pop機能」です。

画面のポップアップのように、今までプレビューにしていたメールが全画面に開き、全文を読むことができます。

このように、3Dタッチが搭載されることで、今まですべてを確認していたところから、途中の動作を割り当てることができるようになるのです。

3Dタッチは実用的か?

3Dタッチの対応アプリ

まだ発売して間もないので、サードパーティ製のアプリもほとんど対応していません
現時点で利用ができるのは、メール、ブラウザ、地図(公式)…くらいです。
慣れてくると、通常のアプリでも軽く押し込む動作をしてみたくなるのですが…
実際には何も反応しないので、ちょっとイラっとしてしまうかもしれません。

サードパーティ拡大後、今後に期待

さらに言うと、メールのプレビュー機能が便利か?という議論もあります。
上述した機能について、自分でも利用してみたのですが…
「最初から見たほうが早い」という結論に落ち着いてしまいました。

しかし、これが3Dタッチを否定するものかというと、決してそういうことではありません。
今後、apple公式以外にも、3Dタッチを採用するアプリ開発者が出てきたところで、より便利な機能は追加されていくはずです。
そのような、アプリのオープンな開発環境が、スマホの魅力でもありますね。

想像もしていなかったような新しいアプリが出ることに期待しましょう。

関連記事

関連エントリー

ページトップへ戻る