ドコモ2015年冬春モデル性能一覧

s_docomo2015

ドコモから、2015年冬春モデルが発表されました。
そのうちスマホは10機種。処理性能を示すCPU別に、性能一覧をまとめておきます。
機種を選ぶ参考にどうぞ。
参考:https://www.mydocomo.com/onlineshop/special/2015_winter/index.html?icid=OLS_SP_2015_winter_from_TOP_visual3

ドコモの2015年冬春モデル概要

性能進化は一巡、OSはandroid5.1が基本

性能については、大きな進化も終わって基本機能を少しずつ底上げしている、というのが現状だと考えられます。
全モデルがandroid5.1を搭載し、レファレンス機のNEXUS5Xだけはandroid6.0を搭載。
また、ドコモのモデルといえばOSアップデートが必ずしも全機種されず、フラッグシップ以外は放置される傾向にありました。
しかし、今回の商品発表会では、OSアップデートもできる限り対応していきたいと明言されています。
必ずしも言葉通り受け取ることはできないかと思いますが、今までよりも誠意ある対応は期待ができますね。

生体認証機能は継続

夏モデルで力を入れていた生体認証。
富士通のARROWSでは虹彩認証(瞳で認証)を搭載したり、SHARPのAQUOSでも初めて指紋認証を搭載するなどもありました。
今回の冬春モデルでもその生体認証については継承されています。
特に、Xperiaも電源ボタンに指紋認証が搭載されたので、セキュリティについては大きく強化、底上げされていますね。

異彩を放つGalaxyとNEXUS

特殊端末としては、レファレンス機のNEXUS5Xと、GalaxyActiveでしょう。
NEXUS5Xは、GalaxyNexus以来数年ぶりのドコモでの登場です。
当時は、メールさえもドコモのアドレスを利用できないので、なかなか苦戦した印象がありますが、時を経てLINEの台頭や、ドコモのサービスも他社で使えるほどオープン化されているので、大きな問題は発生しないでしょう。
どちらかといえば、サクサク利用できるメリットの方が大きいと言えます。

サムスンが投入してきたのは、耐衝撃のGalaxyActive一機種だけです。
これはちょっと物足りないですね…GalaxyNote5が海外では発表されてもいますので、追加を期待したいところです。

ドコモの2015年冬春モデル性能一覧表

オクタコアCPU3機種:Xperia中心

個別にみていきます。
オクタコア(8コア)のCPU搭載は、Xperiaの3機種だけ。
Z5はau、ソフトバンクからも発売になりますが、PremiumとCompactはドコモ独占
XperiaZ5Compactは現在希少な小型モデルですね。
それだけに、RAMが2GBだったり性能を少し落とされているのが残念なところ。
SONYにはコンパクトでハイスペックな機種も出してほしいところです。

  XperiaZ5
Premium
XperiaZ5 XperiaZ5
Compact
OS Android 5.1 Android 5.1 Android 5.1
ディスプレイサイズ 約5.5インチ 約5.2インチ 約4.6インチ
解像度 2160×3840 1080×1920 720×1280
CPU オクタコア
(2GHz+1.5GHz)
オクタコア
(2GHz+1.5GHz)
オクタコア
(2GHz+1.5GHz)
RAM 3GB 3GB 2GB
バッテリー容量 3430mAh 2900mAh 2700mAh
重さ(g) 181 154 138

ヘキサコアCPU5機種:AQUOSにarrows

続いては、ヘキサコア(6コア)の5機種です。
クアッドコア中心から、夏にオクタコアが出始めて…
全機種オクタコアにそろうかと思いきや、冬春モデルでヘキサコアが登場しました。
国内モデルの大半がヘキサコアですね。

特にAQUOSの2機種は、コンパクトサイズでも性能を落としていないのが特徴。
SONYと対照的な戦略が気になるところ。
ディズニー機種も、見る限りAQUOS Compactをベースにしていることが見受けられます。
ディズニーだとOSアップデートは望みが薄いですが、十分に性能的にも満足できる機種になっていますね。

arrowsは、性能表はいつも通り満足の仕上がりです。

  AQUOS ZETA AQUOS
Compact
Arrows NX Disney NEXUS5X
OS Android 5.1 Android 5.1 Android 5.1 Android 5.1 Android 6.0
ディスプレイサイズ 約5.3インチ 約4.7インチ 約5.4インチ 約4.7インチ 約5.2インチ
解像度 1080×1920 1080×1920 1440×2560 1080×1920 1920×1080
CPU ヘキサコア
(1.8GHz+1.4GHz)
ヘキサコア
(1.8GHz+1.4GHz)
ヘキサコア
(1.8GHz+1.4GHz)
ヘキサコア
(1.8GHz+1.4GHz)
ヘキサコア
(1.8GHz+1.4GHz)
RAM 3GB 3GB 3GB 3GB 2GB
バッテリー容量 3100mAh 2810mAh 3390mAh 2810mAh 2700mAh
重さ(g) 151 未定 167 未定 136

クアッドコアCPU2機種:arrowsの廉価モデル

最後はクアッドコアの2機種です。
CPUもそうですが、注目すべきは解像度の低さ
相当昔の機種に、androidOSだけ5.1にアップデートして発売した感覚があります。
おそらく、機種変更ユーザーに安値で販売する機種として利用されるのでしょうが、中身は最新モデルではないので、注意が必要です。
決して性能的にはオススメできませんので、価格とのバランス、割り切り対応で考えないといけない機種です。

  Arrows Fit Galaxy Active
Neo
OS Android 5.1 Android 5.1
ディスプレイサイズ 約5.0インチ 約4.5インチ
解像度 720×1280 480×800
CPU クアッドコア
(1.2GHz)
クアッドコア
(1.2GHz)
RAM 2GB 2GB
バッテリー容量 2330mAh 2200mAh
重さ(g) 149 154

関連記事

関連エントリー

ページトップへ戻る