小型タブレットの完成形に~iPadmini4登場

s_mini4

iPhone6Sと、iPadProの陰に隠れて、ひっそりと発表された…といっても差支えがない、iPadmini4。
実は、かなり完成度の高い、iPadminiの最終形ではないかと思えるスペックです。
参考:http://www.apple.com/jp/ipad-mini-4/design/

iPadmini4の特徴

iPadmini4のスペック

iPadmini4は、iPadmini3に特筆すべき性能がついたか?決してそうではありません。
しかし、着実に性能はアップ。そして薄く軽くなりました。
Wi-Fiモデルでは、ついに300gをきる軽さ
iPhoneよりも薄い6.1mmという薄さ
持ち歩いて、大きな画面でファイルを確認するような用途にこれ以上のものはないでしょう。
性能表はコチラ。

  iPadmini4
OS iOS9
ディスプレイ
サイズ
7.9インチ
解像度 2,048×1,536
CPU appleA8
RAM

非公開

(2GBと推測)

厚さ 6.1mm
重さ 298.8g

iPadmini3とmini4の比較

それでは、mini3からはどの程度の進化があったのでしょう。
特筆すべきが、厚さと重さ。
毎日持ち運ぶ負担を考えると、たった50gとは言えない減り方です。
これは、PCと合わせて持ち運ぶ人には大きな魅力ですね。

  iPadmini4 iPadmini3
OS iOS9 iOS8
ディスプレイ
サイズ
7.9インチ 7.9インチ
解像度 2,048×1,536 2,048×1,536
CPU appleA8 appleA8
RAM 非公開 非公開
厚さ 6.1mm 7.5㎜
重さ 298.8g 341g

画面分割Split Viewに対応

iPadシリーズには搭載されている、画面分割機能。
大画面を活かして、画面の半分で違う機能を割り当てることができます。

これによってパソコンに近い使い方ができますね。
動画を見ながら、LINEでメッセージを返したり、PDFのファイルを閲覧しながらメールを作成したり…

この機能にminiシリーズで唯一対応したのがmini4です。
ちょっと画面の大きさ的には細かい字を追うことになりますが…外出先に気軽に連れていけるということを考えると、かなりよさそうです。

iPadmini4の価格

Wi-Fiモデルの価格(税込)

まずは、applestoreで購入できるWi-Fiモデルについてです。
最も安い16GBであれば、約4万6千円。
5万円を切る価格なので、比較的お求めやすい設定ですね。
※約10万円のiPhone6Sと比較

  16GB 64GB 128GB
価格(税込) 46,224円 58,104円 69,984円

セルラーモデル(ドコモ等から販売)の価格

割引があって複雑になるのが、ドコモ等のキャリアから発売されるものの価格です。
ここでは、16GBモデルを例として、3社を並べてみました。

各社値段設定が異なりますが、割引適用後の実質価格が0円になるのは変わりません。
もちろん、これに「2年縛り」と、月額の通信料金が発生します。

※2015/9/16現在の価格(iPadmini4 16GBモデル)

  ドコモ au ソフトバンク
一括価格 62,856円 60,630円 61,320円
分割価格 2,619円 2,515円 2,555円
月々サポート -2,619円 -2,515円 -2,555円
2年間月負担 0円 0円 0円
実質価格 0円 0円 0円

iPadmini4は最終形?

これだけ正統進化を果たしたiPadmini4ですが、appleの発表会の中ではひっそりとした扱いでした。
そんなにappleが力をいれていない?
たしかにそうも考えられます。

iPhoneは年々大型化して、iPadも13インチのProが出ます。
大型化の波にのまれながら、miniのサイズ感は中途半端といえば中途半端。
毎年毎年発売するような、特殊な端末とは思えません。

もしかすると、これを最後にiPhone6S+の大画面スマホシリーズとの統合になっていくのかもしれませんね。

関連記事:

関連エントリー

ページトップへ戻る