honor6plusは高機能スマホ:huaweiのフラッグシップモデル

honor6plus

SIMフリーの高性能スマホといえば、Zenfone2(ASUS)を思い浮かべます。
しかし、先日SIMフリースマホを1万円台に値下げしたHuawei社はどうでしょう。
Huawei社から発売されているのは格安スマホばかりではありません。ハイスペックモデルhonor6plusをご紹介します。
参考:http://consumer.huawei.com/jp/mobile-phones/features/honor6plus-jp.htm

honor6plusの特徴

honor6plusは、Huawei社のフラッグシップともいえるSIMフリースマホです。
…ちなみに、6plusについてはあまり意図が読めない部分ですね。特にシリーズであったり、無印のhonor6があるわけでもないので…話題のスマホに合わせたところでしょうか?

honor6plusの性能表

発売開始が少し前ということもあり、OSは最新ではなくandroid4.4を搭載しています。
画面の解像度の美しさはハイエンド機ならではですね。
また、オクタコアのCPUと3GBのRAMを搭載しているので、サクサク動くことは問題ないでしょう。
ドコモの夏モデルですと、XperiaZ4やGalaxyS6edgeクラスです。

  honor6plus
OS

android4.4⇒5.1

※2015/9/30アップデート予定

ディスプレイサイズ 5.5インチ
解像度 1,920×1,080
CPU オクタコア(1.7GHzクアッドコア+1.3GHzクアッドコア)
RAM 3GB

honor6plusのカメラがすごい

日本人を意識でしょうか?比較的カメラにこだわっています。
画素数としては800万画素で普通かな、と思いきや…レンズを2枚搭載しています。
2枚使うことで、合成して1,300万画素クラスの写真を撮ることができるんだとか。
また、ピントを1か所に合わせて他をボケさせて、一眼レフ風の味のある写真撮影にも対応しています。

honor6plusの販売

honor6plusはどこで買えるのでしょうか?実は、楽天の独占販売です。
スマホの本体だけ欲しい場合は、楽天市場へ。
通信用のSIMカードをセットでほしければ、楽天モバイルへ。
価格は一括払いで45,800円(税別)です。

購入時には、最大で14,000ポイントももらえるようなので、高性能スマホとしては実質価格が安い…といえるでしょう。実価格がZenfone2並、ポイント還元でhonor6plus…という価格帯ですね。

android5.1アップデート:9/30

ファーウェイ社のソフトウェア更新により、2015/9/30よりandroid5.1へのアップデートが予定されています。
主なアップデート内容は以下の2点です。

  • カメラ機能強化:ライトペインティング機能
  • UI改善:ワンハンドレイアウト(片手操作しやすいモード)

ライトペインティング機能

light

 

ライトペインティング機能は、あまり今までのスマホにはない機能ですね。
時間の経過とともに動く光を追跡して写真に残す、というものです。
景色ではなく光を芸術作品にするような、ちょっと面白い写真を撮ることができるようになります。

上の写真はテールライトトレイル機能(クルマのライトの軌跡を撮影)モードですが、他にも星空を追跡したり、水の流れや暗闇のあかりを追跡する合計4機能が搭載されます。

関連記事

関連エントリー

ページトップへ戻る