GalaxyNote5発表:スタイラスペンと画面分割で正統進化

note5

スタイラスペンが魅力のGalaxyNoteシリーズの新作が発表になりました。エッジスクリーン非搭載、まっすぐな画面の正統派GalaxyNote5です。
日本での発売予定は未定ですが、ご紹介。
参考:http://www.samsungmobilepress.com/2015/08/13/Galaxy-Note5

GalaxyNote5の特徴

Galaxyシリーズといえば、同時期のandroid機種と比べて一段上を行くハイスペックが魅力です。さらには、Noteシリーズは手書きができるスタイラスペンが付属します。このスタイラスペン、便利なようで他社が追従してきていない、独自のアイテムになりますね。

GalaxyNote5の性能まとめ

基本的な性能を、表にまとめました。オクタコアのCPUと、4GBのRAMを搭載。ドコモの夏モデルとしても発売されていた、最新のGalaxyS6は3GBのRAMですから、さらに上を用意してきました。
4GBのRAMといえば、Zenfone2も搭載していますが、Zenfone2はクアッドコアのCPU。Galaxyが上回ってきましたね。
5.7インチの大画面と、解像度もバツグン。細かい作業にも向いていると言えるでしょう。

  GalaxyNote5
OS android5.1
ディスプレイサイズ 5.7インチ
解像度 2,560×1,440
CPU オクタコア(2.1GHzクアッドコア+1.5GHzクアッドコア)
RAM 4GB

GalaxyNote5のスタイラスペン

pen

スタイラスペン(Sペン)を使った機能と、大画面を活かした機能とが欠かせません。
まず、スタイラスペンを使ってできること…画面のキャプチャや、印をつける、コメントを付けて相手に送る…といったことができます。
マイクロソフトのタブレット、SURFACEにも共通することですが、これはビジネスで真価を発揮しますね。作成にはまだ物足りない点がありますが、できた資料や、改善ポイントを複数人で共有する際に、画面とメモをささっと作れることは非常に魅力的な機能です。

また、大画面も忘れてはいけません。iPadにも搭載されている機能ではありますが、画面を2分割して、複数の作業を同時にすることができます。これとペンを組み合わせることによって、何かを確認しながら手書きメモを残すことができるのですね。

置くだけ充電、急速充電にも対応

大画面になればなるほど充電の時間が気になるもの。GalaxyNote5はそれさえもクリアしています。
特徴的なのは、急速充電に対応しており、90分でフル充電ができるということですね。さらに、少し時間はかかりますが、置くだけ充電(非接触充電)にも対応しているため、線をつながなくても120分で充電することができます。

GalaxyNote5の発売日と価格

残念ながら、日本での発売に関しては2015/8/13現在はアナウンスされていません。
グローバル版は、8/21の発売予定ですね。
日本版の発売が決まれば、予定日と価格を追記していきます。

関連エントリー

ページトップへ戻る