瞳でロック解除:ARROWS NX(F-04G)の性能

arrowsnx

セキュリティの富士通から、虹彩認証搭載のARROWS NXが発売。ドコモから初搭載の虹彩認証についてと、スマホとしての性能をレポートします。
画像:http://www.fmworld.net/product/phone/f-04g/design.html?fmwfrom=f-04g_index

ARROWS NX(F-04G)のスペック

ARROWS NXの特徴

目を引く特徴としては、2,000万画素を超えるカメラ。もちろん5.2インチという大画面と、美しい液晶で映像を見ることができます。防水防塵なので、外で利用も安心。さらに、何かがあった時のためのセキュリティ機能として、瞳をつかった認証システム「虹彩認証」を搭載。ビジネスに役立つ、高性能・高セキュリティスマートフォンです。
※IPX5/IPX8の防水性能・IP6Xの防塵性能

ARROWS NXの外観

2014年夏モデルまで、高性能と防水防塵のためか、非常に無骨なデザインでした。高スペックと相まって、まるで戦車のようなイメージです。2015年夏モデルで無骨さは一新、大きいけれどスッキリした、スマートなものになりました。

印象を大きく変えたのが、今までのARROWSに搭載されていた、背面の指紋認証ボタンです。どうしても、カメラに加えてボタンがあることで、ごちゃごちゃとした印象を受けてしまうもの。今回のモデルでは、指紋認証から虹彩認証に切り替わったことで、ボタンの数をひとつ減らすことに成功しました。

また、色は虹彩をイメージしたIrisGreenを含む、3色展開(グリーン、白、黒)。発表時の春先から初夏に気持ち良いデザインとなっています。こころなしか、昔のRegzaPhoneを思い出すようなグリーンの色ですね。

スペック一覧表

主要な機能をまとめておきます。ハイスペック機と呼ぶのに十分な性能を備えています。

  ARROWS NX
OS android5.0
ディスプレイサイズ 5.2インチ
解像度 1,440×2,560
CPU オクタコア
(2.0GHzクアッドコア+1.5GHzクアッドコア)
RAM 3GB

虹彩認証でできること

ビジネスとプライベートの切り替え

ガラケーの時代から、富士通はセキュリティ特化の機種をたくさん発売してきました。その当時から搭載されていたのが、「プライバシーモード」と呼ばれるものです。
モードを切り替えることで、片方のモードでは表示したくんないもの(着信、メール、アプリ等)を表示させないという機能です。たとえば、仕事中にはプライベートの着信が来ないようにしておいたり、ゲームアプリを表示させない、とかですね。
この切り替えを、虹彩認証でカメラに目を向けるだけでできる、ということです。また、他の人に真似されないという面でも安心感があります。

パスワードマネージャー連携

もう一つが、パスワードマネージャーの連携です。スマホを利用していると、買物もそうですし、複数の会員サイトでIDとパスワードを入力する場合がありますね。
ARROWSのパスワードマネージャーなら、サイトごとのIDとパスワードを記憶、目を映すことで自動入力をしてくれます。これによって、サイトごとにIDパスワードを変えても、入力の手間をかけずにセキュリティを高く保つことができるようになります。

一時販売停止中(7/28~)

ARROWS NXですが、7/28の夕方から、不具合のため一時販売停止となっています。原因はハードウェアの不具合とのこと。具体的な症状は以下の通りです。

  • カメラが起動しない

  • 電源が入らない

  • 画面が乱れる

今回、ソフトウェアではなくハードウェア(スマホ本体)の不具合のため、ソフトウェアアップデートではなくドコモショップでの修理対応となります。現在症状がでていなくても、ARROWS NXユーザーの方はデータのバックアップをとり、念のためドコモショップに行っておくことをオススメいたします。

追記:8/5~ARROWS NX販売再開

前述の不具合を解消したものが、8/5からドコモショップで販売再開となります。ご注意いただきたいのが、今回のARROWS NXは、あくまでもハードウェアの不具合、改修です(ソフトウェアは変更なし)。
そのため、既に購入をされている方に不具合が出た場合、あくまでも修理もしくは交換対応になるので、ドコモショップに修理対応の相談をしておきましょう。

関連記事もどうぞ

関連エントリー

ページトップへ戻る